異例の北海道の暑さ、熱中症対策は大丈夫?

■本当に怖い熱中症

 最近は北海道が5月とは思えない猛烈な暑さに襲われていますがみなさんの体調は大丈夫でしょうか。ついこの前まで雪が降っていた北海道ですので急激な温度の変化に身体も対応させていく必要があります。

 なにより30度を超える猛烈な暑さになっているので一番怖いのが熱中症です。特に屋外での活動をされるかたは熱中症に注意する必要があります。

 熱中症になると一般的に次のような症状が出るといわれています。

  • ・めまいや顔のほてり
  • ・筋肉痛や筋肉のけいれん
  • ・身体だるさ、吐き気
  • ・汗のかきかたがおかしい
  • ・体温が高い
  • ・呼びかけに反応しない、まっすぐ歩けない
  • ・水分補給ができない

 上記症状のほかにもなにかおかしいな、と思ったらすぐに医療機関を受診しましょう。

■熱中症対策のために

 では熱中症を予防するためにはどうしたらいいのでしょうか? それは暑さに負けない身体作りと、暑さ対策が重要です。

  • 水分補給

水分補給は基本中の基本ですね。汗をかくと水分だけでなく塩分も失われてしまうのでスポーツドリンクなどでの補給がなおよいようです。近年では失われた塩分の補給をすることができるサプリメントも販売されていますのでそういったものを活用することもよいでしょう。

  • 良質な睡眠環境の確保

こちらは日常的な健康管理にもつながりますが良質な睡眠環境を確保することは熱中症予防にもつながります。よい環境でぐっすりと眠ることで身体の疲れを取り、良好な体調コンディションを作ることにつながります。また、寝ている間の熱中症も怖いですので適宜、扇風機やエアコンなどを使用して睡眠環境の確保に努めましょう。

  • 日差しをさける

直射日光を浴びることは体温の上昇につながります。ぼうしを被ったり、日傘をさして歩くなど直射日光を浴びないようにしましょう。

  • 冷却グッズの活用

近年は熱中症対策として冷却グッズが多数販売されています。冷却シート、スカーフ、アンダーウェア、冷却スプレーなど身の回りにはたくさんの冷却グッズがあります。ぜひ熱中症を他人事に思わず、こうした冷却グッズを活用しましょう。

■季節外れの猛暑

 北海道はこの時期としては異例の猛暑です。真夏であれば頭の片隅に熱中症という単語があるかもしれませんが、今はまだ5月。なかなか熱中症について頭にある方はいないかもしれません。

 しかし、30度を超えるこの異例の猛暑だからこそ熱中症にならないように気を付ける必要があります。北海道の四季を楽しむためにも熱中症には気を付けて過ごしましょう。

本サイトは医療機関ではありません。ご自身の体調について気になることがある方は必ずかかりつけ医師やお近くの医療機関にてご相談ください。